目立たない矯正、マウスピース矯正

目立たない矯正、マウスピース矯正

歯科矯正治療は、他の歯科治療と比べても、長い治療期間を要します。
「目立つこと」が不安で歯科矯正治療に踏み切れなかったり、治療中に嫌な気持ちになってしまったりしては、本当の意味で心と身体の健康をもたらすことはできません。
そういった方におすすめしたいのが、舌側矯正やマウスピース矯正です。

舌側矯正とは、歯の裏側(舌側)に取り付けたブラケットにワイヤーを通し、その力で歯を動かしていく矯正方法です。 口の中を覗き込むようにしなければ、外から装置が見えることはありません。かつては、装置のパーツが大きかったため、喋りにくい、食べにくい、舌が当たるといったデメリットがありましたが、装置の進化と共に小型化が進み、大きく改善されています。
また、「治療に時間がかかる」というイメージを持たれがちですが、当院の蓄積された経験・技術によって、表側矯正と同等、あるいはより短期間での治療が可能です。
当院では、舌側矯正の中でも、「インコグニート」と呼ばれる精密な装置を採用しております。

インコグニートとは

コンピューターシステムによって、患者様一人ひとりに合わせてつくるカスタムメイドの舌側矯正装置です。
すべてを人の手によって設計する舌側矯正装置と比べ、精度が大きく向上しています。より正確に、確実に歯を移動させることができます。
インコグニートは、専用のトレーニングを受けた歯科医のみが取り扱える舌側矯正装置です。

“目立たない”以外のメリット

舌側矯正は、“目立たない”という点以外にも、以下のようなメリットがあります。

虫歯になりにくい

歯の裏側は、表側と比べてエナメル質が3倍も厚くなっています。また、舌側矯正装置は常に唾液と触れているため、自浄作用が働きます。これらの理由により、虫歯のリスクが抑えられます。

前歯が引っ込みやすい

舌側矯正はその構造上、奥歯を支点にして前歯を引っ張りやすく、出っ歯の方などの前歯を正確に動かすことができます。

後戻りのリスクが減る

後戻りの原因の一つとして、前歯を舌で押す癖が挙げられます。舌側矯正の場合、装置が舌の邪魔をして、この舌の癖を防ぐことができます。

透明なマウスピースを交換しながら歯を動かしていく、近年人気の高まっている矯正方法です。装置を着けている間も、ほとんど目立たない点が最大のメリットです。ご自身で簡単に着脱していただけます。
当院では、数あるマウスピース矯正の中から「アソアライナー」を採用しております。

アソアライナーとは

透明で、薄く、装着時もほとんど目立たないマウスピース型の矯正装置です。ソフト・ミディアム・ハードと三段階の硬さを持つマウスピースを活用し、痛みの少ない、正確な歯の移動が可能です。
薄いために異物感も少なく、発音に支障をきたすこともほとんどありません。
ただし、しっかりと歯を動かすためには、1日17時間以上の装着が必要です。また、症例によっては適応にならないこともあります。

“目立たない”以外のメリット

マウスピース矯正は、“目立たない”という点以外にも、以下のようなメリットがあります。

食事、歯磨きの際に外せる

ご自身での着脱が可能ですので、お食事、歯磨きの際の装置のストレスがありません。

どうしても辛いときには、一旦外して休憩できる

アソアライナーは痛みの少ない矯正装置ですが、どうしても辛いときには、一旦外して休憩していただいても構いません。※ただし、1日17時間以上の装着が必要です。

口腔内を傷つけない

ワイヤーやブラケットを使用しないため、口腔内を傷つけることがありません。口内炎などのトラブルも滅多に起こりません。

万が一の虫歯の際にも並行治療が可能

インビザラインとは異なり、毎回型取りを行うことから、万が一の虫歯の際にも並行して治療ができます。

pagetop