矯正歯科治療について

治療後すぐにわかる「きれいな歯並び」と、10年、20年後に実感できる「お口の健康の維持力」

きれいな歯並びで、心の健康を

きれいな歯並びで、心の健康を

患者様の多くが、「歯並びをきれいにしたい」という想いをきっかけにご相談に来られます。当院での矯正歯科治療後は、「前向きになれた」「明るくなった」「笑ったときに歯を見せられるようになった」というお声を頂戴しております。
矯正歯科治療は、仕事や面接試験、プライベートにおいて多くのものをもたらしてくれると同時に、日々の過ごし方や人生を変える可能性を秘めています。

生涯にわたる、口腔・身体の健康を

八重歯というと、かわいいというプラスのイメージを持たれるかもしれませんが、実は八重歯は、「叢生」という種類の歯並びの乱れのひとつだということをご存知でしょうか。
皆様の周りの、ご高齢の方々を思い浮かべてみてください。八重歯の方はいらっしゃらないのではないでしょうか。八重歯という歯並びの乱れから、早くにお口全体を悪くしてしまう方がほとんどなのです。
歯並びが乱れていると、歯磨きがしづらい。歯磨きがしづらいと、虫歯・歯周病のリスクが高まり、実際に繰り返してしまう。こういった悪循環によって、最終的には歯を失ってしまいます。

人生100年時代といわれる昨今、健康な歯を残す意味を考え直す必要があります。きれいな歯並びで、健康な歯を長く残す。健康な歯で噛めることで、食べ物の消化を助け、しっかりと栄養を吸収できるようになる。私たちは、この好循環を目指さなければなりません。
また、年齢を重ねてからも「家族と同じものを食べられる」「好物を味わって食べられる」ということは、心の面でも私たちに健康をもたらしてくれます。

O(オー)リングテストの実施

当院では、痛みなく、器具を用いることなく、体調、咬み合わせのバランス、金属アレルギー、体幹の状態、また症状の原因などを調べられる「Oリングテスト」を実施しております。
院長が親指と人差し指で輪っかをつくり、触診をしながら指が離れるかどうかを見るだけの、患者様にご負担のないテストです。
矯正装置の材料の選定の他、歯科治療全般に活用できる情報を知ることができますので、お気軽にご相談ください Oリングテストは、世界40カ国以上で研究・応用が進められている信頼の置けるテストです。

矯正歯科治療Q&A

Q 虫歯や歯周病がある場合、矯正歯科治療を受けられますか?
A
受けていただけますが、先に虫歯・歯周病の治療を行う必要があります。
Q 金属アレルギーがあっても受けられますか?
A
金属アレルギー用の素材を使った矯正装置がございますので、可能です。
Q おおよその治療期間と、通院の頻度を教えてください。
A
2年~2年半くらいの治療期間、3~5週間に一度の通院ペースを目安としてください。部分矯正の場合、比較的治療期間は短くなります。
装置の種類、歯並びの状態によっても異なりますので、まずは無料相談をご利用ください。
Q 痛みはありますか?
A
初めて装置を装着した直後、調整した直後は、3~4日歯が浮くような感覚、軽い痛みがありますが、1週間程度で慣れていただけます。
Q 矯正歯科治療の費用を教えてください。
A
症状、治療内容によって料金は異なります。初診の際に概要を、検査後に詳細をお伝えできます。詳しい料金のお話をしないまま治療に進むことは絶対にありませんので、ご安心ください。
Q 矯正歯科治療のために、歯を抜くことがありますか?
A
歯が正しく並び、またその位置に定着するためには、一定のスペースが必要です。歯が大きかったり、顎が小さかったり、デコボコがひどい場合には、抜歯を行うこともあります。
Q 治療中、食事はこれまで通りにできますか?
A
装置を取り付けた直後、調整した直後の数日間は、噛みづらさを感じるかもしれませんが、基本的にこれまで通りお食事をお楽しみいただけます。
マウスピース矯正であれば、装置を外して食事ができます。
Q 治療中に転居した場合、どうなりますか?
A
転居先の近くの歯科医院をご紹介することも可能です。ただ、さまざまなケースがありますので、お早目にご相談ください。
Q 矯正歯科治療は、妊婦でも受けられますか?
A
可能ではありますが、おすすめはしません。レントゲン撮影、麻酔・抗生物質の使用の可能性があるためです。出産後に治療を開始するのがよいでしょう。
Q 指しゃぶりは、歯並びを乱しますか?
A
指しゃぶり、舌で前歯を押す癖などは、歯並びを乱すおそれがあります。当院では、お子様向けのトレーナーによる歯並びの改善・癖の改善にも取り組んでおりますので、ご相談ください。
Q 何歳ごろに相談したらいいですか?
A
成人の方は、歯並びが気になったときが受診のタイミングです。低年齢であればあるほど、歯は動きやすい傾向にありますので、お早目にご相談ください。お子様の場合は、4~6歳頃の矯正相談が一般的です。もちろん、顎が小さい、すでに歯並びに気になる点があるという場合には、それより早くご相談くださっても結構です。
Q 治療中、スポーツはできますか?
A
ボクシングなどの格闘技系のスポーツの場合、矯正用マウスピースを装着していただきますが、それ以外のスポーツであれば、通常通りプレーしていただけます。
Q 治療中、避けるべき食べ物はありますか?
A
粘りの強いガム、キャラメル、硬い食べ物は、装置を破損させてしまうことがありますので、できるだけ控えてください。
pagetop